平成27年第2回定例会―No.1:再編交付金の増額(27.06.26)

補正予算として、再編交付金約8200万円の増額が計上され、6月26日、本会議において可決しました。これは平成19年度から交付されている原子力空母配備分に加えて、新たなイージスBMD艦配備が交付対象となったことにより、増額されるものです。イージスBMD艦は、本年夏以降合計3隻が追加配備の予定です。なお、追加配備1隻目として誘導ミサイル巡洋艦「チャンセラーズビル」が6月17日に横須賀へ入港したところです。再編交付金は、原子力空母分としてH19〜H28(10年間)約76億円、イージスBMD艦追加分H27〜H33(7年間)約29億円が見積もられています。本市の財政事情が厳しい中、貴重な財源といえます。