横横道路の料金値下げ及びスマートインターチェンジ(IC)の整備(27.09.23)

横横道路の料金値下げ及びスマートICの整備は、かねてから国へ要望してきたところです。
●料金値下げ
9月11日、国土交通省は首都圏の新たな高速道路料金の基本方針を示しました。新しい料金体系は首都圏の高速料金を36.6円/?に統一し、公平化を図るもので、現在の横横道路の料金は44円/?で全線料金は1440円(平日)のところ、値下げ後は950円となります。この新料金は、来年4月から導入されますが、横横道路の高額料金は、かねてから地域経済発展の阻害要因として指摘されてきたところで、料金値下げの効果を期待します。
●スマートIC
7月31日付で、「横須賀PAスマートIC連結許可書」が国土交通大臣から発出されました。このスマートICは、上り線は横須賀PAに接続し、下り線は同PA付近で本線と直結する計画で、いずれも市道坂本芦名線に接続します。供用開始は平成33年4月以降の見込みです。このスマートICが完成すると、西地区との交通アクセス(輸送、観光)が向上し、利用者にとって利便性が増すものと期待されます。