東京湾要塞群 千代ケ崎砲台・猿島砲台が国指定史跡に内定(26.11.21)

11月21日、国の文化審議会は東京湾要塞群 千代ケ崎砲台・猿島砲台を新たに国の史跡に指定するよう文科大臣に答申しました。両砲台は、明治時代に東京湾防備のために築かれた東京湾要塞群の一部で、千代ケ崎砲台は明治28年(1895年)に、猿島砲台は明治17年(1884年)に竣工した沿岸砲台です。両砲台は、我が国の近代軍事・土木・建築技術の歴史を知る上で重要であるとの理由で、指定答申がなされたものです。この指定により、市内の国指定史跡は、すでに指定されている夏島貝塚を加えて合計3件となります。なお、「国防のために建設された施設」としての史跡指定は、全国で初めてです。猿島はすでに横須賀市へ土地が移管されていますが、千代ケ崎は、現在は防衛省の所管ですが、今後文科省へ移管され、市が管理団体となる見込みです。いずれの砲台も市の重要な近代歴史遺産として活用して欲しいと考えます。

千代ケ崎砲台

千代ケ崎砲台