新救急医療センター落成式(26.03.30)

3月29日、新救急医療センター(新港町)の落成式が行われました。新センターには横須賀市医師会館も併設されており、合わせての落成式となりました。旧救急医療センター(三春町)は、昭和55年から34年間使用されてきましたが、老朽化、未耐震化等のため、このたびの移転建て替えとなったものです。新センターの工事費(医師会館部分を除く)は6.2億円となっていますが、そのうち5.9億円は防衛省再編交付金の利用です。つまり、新センター建設の原資はそのほとんどが再編交付金であり、再編交付金の使途として有効活用が図られたものと考えます。
新救急医療センター落成式新救急医療センター落成式