シールドマシン発進式(24.03.04)

3月4日、追浜天神橋脇において、雨水バイパス管築造工事に使用するシールドマシンの発進式が行われました。
この工事は、追浜・鷹取地区の浸水対策として、雨水バイパス管を敷設するもので、地下約10mにシールド工法により管路を築き、雨水を集約して鷹取川へ放出しようとするものです。完工予定はH26年3月とのことです。
近年、集中豪雨による浸水被害が全国的に発生していますが、この雨水管路が完成すれば、鷹取山系の雨水が滞留せずに鷹取川へ流れ込むこととなり、追浜地区の浸水被害予防が期待されます。
シールドマシン発進式シールドマシン発進式

浸水対策工事・図

上下水道局資料より