護衛艦「ひゅうが」視察(22.10.25)

10月25日(月)、横須賀吉倉岸壁に係留中の、護衛艦「ひゅうが」を視察しました。
基準排水量13,500トン、全長197mの巨艦で、海上自衛隊最大の艦艇です。
哨戒ヘリコプターを最大11機搭載、同時発着艦3機の能力があります。
また、防衛警備以外にも災害派遣を考慮して、多目的に運用できる指揮・作業用の区画も保有しています。
指揮通信能力も高いことから、災害時の指揮管制中枢艦としての運用が期待できます。
艦長をはじめ乗組み幹部の皆さんに、懇切丁寧に説明・案内をしていただきました。ありがとうございました。
この視察は、横須賀市議会防衛議員連盟として行ったものです。
護衛艦「ひゅうが」視察01護衛艦「ひゅうが」視察02