横須賀市総合防災訓練(22.10.03)

10月3日(日)、海自横須賀地方総監部逸見岸壁において、平成22年度横須賀市総合防災訓練が行われました。
海自、陸自、海保、米海軍など約30の防災機関・団体が参加しての、大規模地震を想定した訓練でした。
会場となった逸見岸壁は今年完成したばかりの耐震岸壁で、ヘリポートを備えた最新の施設です。
訓練では、各種実働訓練が想定のもと行われ、あわせて地元町内会参加の炊き出し訓練なども行われました。
岸壁にはへり搭載護衛艦「ひゅうが」が横付けして訓練に参加しました。訓練終了後、「ひゅうが」の見学ができるということで多くの見学者が集まりました。
横須賀市総合防災訓練01横須賀市総合防災訓練02横須賀市総合防災訓練03横須賀市総合防災訓練04